子供部屋



供は4〜5歳ぐらいまでの環境が非常に大事なのです
赤ん坊は親のスキンシップにより学習をしますが
空間の空気、壁、臭い、光、環境のすべてが体験学習となり
そこで感じるすべてが情報として脳に記憶されていきます
そしてその情報をイメージとして右脳に蓄え
4〜5歳ぐらいに左脳が言語や記憶として働き始めるのです

それゆえ住居環境、地域環境、人間環境が
将来の感性や愛情などに大きく関わり人生に影響を与えます

子供部屋をインスピレーションや感性の沸きやすい状態にすることが
人間的成長を促します




☆光の入らない部屋は陰気が強いので避けましょう☆

☆子供部屋がないと親子は争うことが多くなります。子供は神経病にかかりやすいでしょう☆

☆西日が強くはいる部屋は学習には適さないので避けましょう☆

☆子供部屋は親の部屋より小さい部屋にしましょう。
親子が対立しやすくなります☆

☆乱雑な状態は避けましょう。子供の脳に条件づけられてしまいます☆

☆足下は暖かく。頭の気と関係します☆

☆リビングを通って子供部屋に行くような造りにしましょう☆

☆顔を合わしコミュニケーションの場を増やします☆

☆テレビは置かないようにしましょう。室内に閉じこもりがちとなります☆

☆学習する場所は脳を沈静化するブルー系、グリーン系☆

☆ベッド周辺はピンク系、ベージュ系、茶系がよいです☆

☆机の位置、素材なども勉強にはすごく大切です☆

☆先にベッドが見えれば寝ることが条件づけられるので注意が必要です☆


環境が整ったおかげで
勉強が進むなあ〜!




back