ガスコンロとIH調理器の違い


 

昨今、オール電化と称してキッチンの調理器具をガスからIHクッキングヒーターへ
切り替えるおうちも少なくないようです
汚れにくい、価格が安い、クリーンだと言われていますが
風水的にはどうなのかここで説明します


 

ガスコンロは火を用います
火は人間にはなくてはならないものなのです
家の中で料理をするときに火を焚くことで
家に活気をもたらします
また人間の体を活性化してくれたりもします
そのような火で調理された料理には炎のパワーももちろん入っています


IH調理器は電気を使います
電磁調理器は電気を使用し物を加熱させます
まず電磁調理器には一部で警鐘をならしていますが
実は大きな電磁波が発生しています
これは調理を担う女性は
体を調理器に近づけて電磁波を強く受けることになります
女性の場合お腹のあたり、子宮のあたりに影響をうけやすくなります


※電磁波は別項でも書いていますが
体内のカルシウム減少、血行不良、貧血、脳の磁場の乱れ、ガンなどを
体内に引き起こしやすくさせます

ただし、今IH調理器のあるおうちは無理にそこで料理をやめる事はないです
別の部分でマイナスをプラスになるよう調整を勧めています

料理時には出来るだけIHのそばにいる時間を減らせるといいですね


電子レンジを用い、IH調理器で料理したものを
食べる
家の中の活気は低下し、女性の気は弱まっていきます
女性の気とは女らしさ、女性性そのものです
なので夫婦関係もバランスを失いやすくはなります



火を用いよう!
火がどれだけ大切かおわかりいただけましたでしょうか
電力会社に喧嘩を売っているような内容ですが(笑)
もちろん、電気がなくてはテレビもラジオも使用できません
ようは電気をバランス良く使用することが大切なのです
料理は火で、他の場面では電気でなどうまくわけることが出来ればベストです