月華の風水配置法

 

あなたにお部屋内の家具をどんな風に配置しているのかの過程を一部お話します。

まるでルービックキューブを合わせるようにああでもないこうでもないと配置を実は考えています。

 

新築のおうちの家具配置を考えさせていただく場合はすごく考えやすいです。

なぜなら空間がたくさんありますし、物を置く前なので提案が通りやすいからです。

が、今お住まいになっているおうちの家具配置ははっきり言って、非常に神経を遣っています(笑)

なぜならば、家具の量がどうやっても減らせなかったり、テレビのコードが延ばせなかったりなどさまざまな制限があるからなのです。

お客様から最初の提案でOKが出ることはまれなのです。

なので、一番良い配置が無理な場合、次のもの、又次のものを提案していきます。

(特にメール鑑定では実際におうちを見ていないのでわかりにくい面があるので

何度も提案しなおしになりやすいです)

 

ではこの過程でわたしがどんな風に配置を決めているのかですが・・・

 

お部屋の気の状態を感じます。(メール鑑定では写真が頼りになります)

お部屋内の太極気・本命気で良い方位、悪い方位を頭にいれます。

殺気を受ける・受けそうな場所を頭にいれます。

電磁波をどの程度うけそうか考慮します。

集合住宅の場合は隣室やエレベーターとの関係性もチェックします。

ドアや窓の位置を考慮します。

動線に問題がないか考えます。

家具の配置バランスを考えます。

天井付けの照明の位置とのバランスを考えます。

お客様の要望や状態を考えます。

 

だいたいこんな感じです。

これを延々と頭の中でうんうん張り巡らしつつ、最終的な配置を決めます(笑)

 

その上で風水アイテムを置いた方がいい位置があれば提案します。

 

これは風水師によりまったく配置法が変わります。

感性が非常に要求される部分ですね。場の総合的判断ですから。

本命気のいい方位、悪い方位は一緒でもそれだけで配置を決めるのは無理があるのです。

 

このプロセスは非常に月華は脳を使います〜。

いつもブドウ糖が脳に足りなくなるらしく、配置を考えたあと

甘い物、要はお菓子を非常に欲しくなります(笑)

 

 

back